館山支部では行政(館山市、南房総市、鋸南町)との災害防災協定を結ぶ

0

館山支部では行政(館山市、南房総市、鋸南町)との災害防災協定を結ぶ

県理容生活衛生同業組合館山支部(増田光正支部長、加盟121店)は13日、
災害時に避難所での理容ボランティアなどにあたる協定を、
館山市、南房総市、鋸南町の3市町と結んだ。こうした協定は県内では初めて。

地域に根付いた営業をする理容組合として、
自分たちの持っている技術を災害時に役立てたいと、
増田支部長が館山市に声を掛け、3市町と協定を結ぶことになった。

避難所での生活が長期化した場合などに、市、町の要請に応じ、
ボランティアで避難者の散髪、洗髪などをし、衛生面で支える。

館山市内のホテルであった協定式には、3市町のトップと
増田支部長が顔をそろえ、協定書にサインを交わした。

増田支部長は「いざという時のお役に立てれば。
理容にはリラックス効果もある。精神面でもサポートすることができれば」と語っていた。

0
組合員の方で未掲載のお店の方、または修正依頼はこちら

関連記事一覧

PAGE TOP